良い噛み合わせをいつも意識しよう


顎関節症になってしまったら、または顎関節症にならないために、正しい噛み合わせをすることはとても重要です。

普段の食事風景を思い出してみてください。
なにか癖はありませんか。
いつも同じ方の奥歯で噛んでいませんか。

硬いものを食べるときは必ず決まった側の奥歯だ、など、多くの人は知らず知らずのうちに咀嚼の癖を持っています。こういった癖には冷たいものを食べると歯がしみる知覚過敏や、虫歯など歯の不調が関係していることが多いです。

また歯並びが悪くて硬いものをかみ砕くために無意識に決まった歯で咀嚼している場合も少なくありません。偏った歯の使い方は、顎関節症になる原因のひとつだといわれています。

顎関節症を引き起こさないためにも、普段から正しい噛み合わせを意識した生活をするようにしましょう。正しくない噛み合わせを続けていては、顎だけでなく全身の歪みまで引き起こしかねません。

かみ合わせの悪さは矯正が可能です。
一度、矯正歯科に相談してみるとよいでしょう。
歯列矯正は基本的に保険診療の対象外ですが、顎変形症などの治療では保険診療が適用される場合があります。

ピックアップ

噛み合わせの悪い歯は治療しましょう | 新宿デンタルオフィス
噛み合わせの悪い歯は治療しましょう | 新宿デンタルオフィス
その噛み合わせの悪さ、今すぐに治療することをおすすめします!噛み合わせの悪さは全身の不調へとつながるため、疲れやすく、病気に罹りやすくなります。専門医のいる「新宿デンタルオフィス」の適切な治療で、正しい噛み合わせに治しましょう!

This entry was posted in 顎関節症を防ぐために. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found